ソフト紹介のページに戻る

重力式擁壁の安定計算

(試行くさび法、Si単位) Ver 3.03 (フリーウェア)


【 動作環境:Microsoft Windows 95/98 | 更新:2000/04/04 】

設計条件画面 計算結果・印刷画面

☆試行くさび法を用いて擁壁の安定計算を行いその結果を[A4縦,3頁]で印刷します。
(もたれ式でも計算しますよ)

ソフトをダウンロードする
[ 872KB/exeファイル ]



◎前のバージョンからの変更点

Ver 3.03 2001/04/04
  ・重力式の時のαが少な目な値となっていたのを修正した。
   (もたれ時はOK)
   よって、以前の計算では基礎の前縁の地盤反力が小さめとないていました。
   尚、αは基礎下後縁と天端後縁を結んだ線の角度としています。

Ver 3.02 2000/03/14
  ・入力のエコーバックを修正。
  ・項目移動順を修正。
  ・設計断面図を「PC定規」に張り付けられる様にした。
   <張り付け方法>
   (1) 本ソフトとPC定規を起動する。
   (2) 計算結果の図を右クリックして断面形状をコピーする。
   (3) PC定規で[編集]・[張り付け]を行う。

◎前のバージョン(Ver 2.02)からの変更点
  ・Si単位の表記にした。

◎(Ver 2.01)からの変更点
  ・画面サイズを大きく(800x600)し、条件入力と結果表示を一つのフォームに
   まとめた。
  ・壁面角αは小さい値を取るようにした。


製作・著作 株式会社 オー・エム・エス  大里仁志


ソフト紹介のページに戻る