給与計算ソフト【Q太郎】
【令和 4年度(2022年)の雇用保険料率の改定について】

令和 4年度(2022年)の雇用保険料率は、4月と10月に段階的に改定されます。

・令和 4年 4月から、
  事業主負担の保険料率が変更になります。(労働者負担は据え置きです)

・令和 4年10月から、
  労働者負担・事業主負担の保険料率が変更になります。
 「令和 4年10月〜令和 5年3月雇用保険料率」

【厚生労働省:令和 4年度の雇用保険料率について 】(PDFファイル)
https://www.mhlw.go.jp/content/000921550.pdf

令和 4年(2022年)4月〜9月雇用保険料率

事業の種類 労働者負担 事業主負担
一 般 の 事 業
(9.5/1000)
3/1000 6.5/1000
農林水産・清酒製造の事業
(11.5/1000)
4/1000 7.5/1000
建 設 の 事 業
(12.5/1000)
4/1000 8.5/1000

労働者負担をパーセントに変更して、その値を入力します。

【例:一般の事業の場合、3÷1000×100 = 0.300%、 それ以外の事業の場合、4÷1000×100 = 0.400%
 一般の事業「 0.300 」、それ以外の事業「 0.400 」 を[雇用保険]項目の「保険料負担率」欄に入力する 】

※令和 4年4月〜9月の労働者負担率は据え置きのため、
4月〜9月の間はQ太郎での保険料率の変更はありません。

↓

※下記は、令和 4年10月以降の保険料率になります。

令和 4年(2022年)10月〜令和 5年(2023年)3月雇用保険料率

事業の種類 労働者負担 事業主負担
一 般 の 事 業
(13.5/1000)
5/1000 8.5/1000
農林水産・清酒製造の事業
(15.5/1000)
6/1000 9.5/1000
建 設 の 事 業
(16.5/1000)
6/1000 10.5/1000

労働者負担をパーセントに変更して、その値を入力します。

【例:一般の事業の場合、5÷1000×100 = 0.500%、 それ以外の事業の場合、6÷1000×100 = 0.600%
 一般の事業「 0.500 」、それ以外の事業「 0.600 」 を[雇用保険]項目の「保険料負担率」欄に入力する 】

※上記は、令和 4年10月以降の保険料率になります。変更のタイミングにはお気を付けください。

雇用保険料の変更方法は下記のようになります。

注意! 最新バージョンにバージョンアップされた場合でも、自動的に保険料率は変更されませんので手動で変更してください。
【 Q太郎 S(有料版)、Q太郎 F(無料版) の変更方法 】

1.メニューバー「基本設定」→「会社情報の設定」→『会社情報の設定』画面を表示させ、画面左下[雇用保険]項目の
 「保険料負担率」欄に保険料率を入力し、「OK」ボタンをクリックする。
 以上で保険料変更の作業は終了します。

雇用保険、会社情報設定画面


※ご使用のソフトの「雇用保険料率」がご使用の年度に更新されている場合

 [雇用保険]項目の「一般事業所」または「それ以外」をクリックして選択すると自動的に保険料率が入力されます。

 なお、手入力された場合、「一般事業所」「それ以外」のどちらが選択されていても、手入力した数値が優先されます。
 (手入力後に、「一般事業所」または「それ以外」をクリックすると数値は変更されますのでお気を付けください)
◆ その他の改定
  (ソフトを再インストールした場合には、各保険料率が現在のものであるかを必ず確認してください)
【協会けんぽの健康保険料率改定について】 チェック!
【協会けんぽの介護保険料率改定について】 チェック!
【令和 2年9月からの厚生年金保険の標準報酬月額の上限の変更について】
【平成29年9月分からの厚生年金保険料率 (固定) について】

◆ 関連リンク
【厚生労働省:令和 4年度の雇用保険料率について 】(PDFファイル)
【厚生労働省:雇用保険料率について】
【厚生労働省:雇用保険制度】

← 【Q太郎、よくある質問】のページへ トップページへ →