給与計算ソフト【Q太郎】
【平成29年4月からの雇用保険料率について】

平成29年4月からの雇用保険料率が引き下げられました。

【厚生労働省:平成29年度の雇用保険料率−雇用保険料率が引き下がります− 】(PDFファイル)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000159618.pdf

この件についての給与計算ソフトQ太郎の対応は以下の通りになります。


注意! 雇用保険率を変更する場合 】
  1. メニューバー「基本設定」→「会社情報の設定」→『会社情報の設定』画面を表示させる。
  2. 次に、[雇用保険]の「保険料負担率」に一般事業所の方は 「 0.300 」を、農林水産/清酒製造/建設業の方は 「 0.400 」を入力し、「OK」ボタンをクリックする。

雇用保険料率
一般事業所: 9.00/1000
(従業員:3.00/1000 事業主:6.00/1000)
農林水産業・清酒製造業: 11.00/1000
(従業員:4.00/1000 事業主:7.00/1000)
建設業: 12.00/1000
(従業員:4.00/1000 事業主:8.00/1000)

【 従業員負担分3.00/1000と4.00/1000をパーセントに変更して、0.300と0.400 】

〔補足〕
・2の操作時の[雇用保険]では、後で税率を入力するので「一般事業所」「それ以外」のどちらに チェックをいれても、処理上の問題はありません。
・バージョンによっては「雇用保険料額表を使用」欄がありますが、こちらのチェックマークは必ずを外してください。

◆ その他の改定
  (ソフトを再インストールした場合には、各保険料率が現在のものであるかを必ず確認してください)
【平成29年3月分からの協会けんぽの健康保険料率改定について】 チェック!
【平成29年3月分からの協会けんぽの介護保険料率改定について】 チェック!
【平成28年9月分からの厚生年金保険料率改定について】
【平成23年1月分からの扶養控除見直しについて】


◆ 関連リンク
【厚生労働省:平成29年度の雇用保険料率−雇用保険料率が引き下がります】(PDFファイル)
【厚生労働省:雇用保険制度】

← 【Q太郎】のページへ トップページへ →