給与計算ソフト【Q太郎】
【平成29年3月分からの協会けんぽの健康保険料率改定について】

協会けんぽの健康保険の保険料率が、平成29年3月分(4月納期分)から改定されます。
この件についての給与計算ソフトQ太郎の対応は以下の通りになります。 

特定保険料率及び基本保険料率については【協会けんぽ: 協会けんぽの特定保険料率及び基本保険料率(保険料率の内訳表示)について 】をご確認ください。


注意! 健康保険料率を変更する場合 】
  1. メニューバー「基本設定」→「会社情報の設定」→『会社情報の設定』画面を表示させ、画面右下[保険料負担率]の 「健康保険」の値を変更し、「OK」ボタンを押す。
    ※バージョンによってはここで自動的に保険料を再設定するかどうかの確認画面が表示されるのでそこで「はい」をクリックすると保険料変更の作業は終了します。
     (なお、等級表が未選択の社員がいる場合、その社員分は自動的に変更されませんのでご注意ください)



    「健康保険」欄には、保険料率を(被保険者と事業主負担分の)2で割った数値を入力します。
    【協会けんぽ:都道府県単位保険料率】 (←こちらで都道府県単位の保険料率をご確認ください)

    [例] 大阪府の場合(10.13%)
     10.13÷2=5.065。 つまり、「健康保険」を「 5.065 」と入力。
    【 保険料率が9.97%の県なら「4.985」、のように計算して入力します 】

    ★保険料率改定後に公開されたバージョンにバージョンアップされている場合、『会社情報の設定』画面で「健康保険」欄をクリック後、画面下にある「健康保険料率選択」ボタンから各都道府県を選択し直すと保険料率を2で割った数値が自動的に入力されます。
    メニューバー「ヘルプ」→「バージョン情報」から「健康保険料率」データがいつのものかを確認できます。
    (バージョンアップ時に「保険料率表」が新しくなりますが、あくまで表のみなので続けて変更の操作を行ってください)

  2. 次にメイン画面で社員を選択後、社員修正アイコン アイコンまたは、 メニューバー「社員情報」→「社員情報の修正」をクリックし、『社員情報の編集』画面を開く。

  3. 画面下にある[等級表]をクリックして表示された等級表から等級を選択し「OK」をクリックする。
    (『社員情報の編集』画面で健康保険料を直接入力しても構いません。)

  4. 健康保険料が変更されているのを確認し、『社員情報の編集』画面の「OK」をクリックする。

  5. 続けて対象の社員全員に手順2〜4を繰り返し行う。
注意! 「介護保険料率」も同時に変更する場合は手順2以降は同じ作業を行うので、手順1の時に「介護保険」の値も
  変更しておくと手間が省けます。

【平成29年3月分からの協会けんぽの介護保険料率改定について】

〔補足〕
・2以降の処理は対象の社員全員に対して行う必要があります。
・次月以降は変更後の健康保険料が引き継がれるので、この処理を再度行う必要はありません。
・組合管掌の方は、組合へ保険料率をご確認下さい。

◆ その他の改定
  (ソフトを再インストールした場合には、各保険料率が現在のものであるかを必ず確認してください)
【平成29年4月からの雇用保険料率について】 チェック!
【平成28年3月分からの協会けんぽの介護保険料率改定について】 チェック!
【平成28年9月分からの厚生年金保険料率改定について】
【平成23年1月分からの扶養控除見直しについて】


◆ 関連リンク
【協会けんぽ:平成29年度 都道府県毎の保険料額表 】

← 【Q太郎】のページへ トップページへ →