見積/請求明細作成
****   【三森 支太郎シリーズ】 よくある質問 2  ****

【保存・パスワード・使用期限・その他に関する質問編】

三森支太郎シリーズに寄せられたよくある質問とその答えをまとめています。
質問の目次(一覧表)へ戻るにはこちらからどうぞ。

←【よくある質問トップ5・印刷・編集に関する質問】は前のページへ


■ 4.保存に関する質問 

1. 作成した見積書などのデータをUSBメモリーやフロッピーディスク(FD)などに保存するにはどうすればいいのですか?
データを保存する時に、『データファイルの保存』画面の「データの場所」からUSBメモリーやフロッピーディスクを選択してください。
メニューバー「ファイル」→「新規保存」→『データファイルの保存』画面上部にある「データの場所」をクリックし、 『データ保存場所の変更』画面から、USBメモリー([ リムーバブルディスク ]など)またはフロッピーディスク([ 3.5インチFD ])を 選択し、OKをクリック後、通常通りに保存を行ってください。
MOに保存する場合も手順は同じです。(MOの場合、データの場所は[ 光磁気ドライブ ]などと表示されます)

2回目以降は、USBメモリーなどをパソコンにセットした状態で「データの場所」右横の下向きの三角ボタンボタンをクリックして履歴から保存場所を選択してください。 (三森支太郎Ver5.11以降の機能)

◆保存されるデータ名
三森支太郎  : 「SAVE001.DAT」など作成データ、  「INDEX.DAT」のインデックスデータ
三森支太郎2 : 「SAVE2001.DAT」など作成データ、 「INDEX2.DAT」のインデックスデータ
三森支太郎3 : 「SAVE3001.DAT」など作成データ、 「INDEX3.DAT」のインデックスデータ

※「SAVE3001.DAT」などの下3桁はファイルのナンバーになりますので、「SAVE3008.DAT」であれば、
メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面に表示されている「No.008」のデータということになります。

また、『データ保存場所の変更』画面でUSBメモリーやフロッピーディスクを今後のメイン保存場所 (メニューバー「ファイル」→「新規保存」→ 『データファイルの保存』画面で直ぐに開かれる場所)にする場合は、
  1. USBメモリーやフロッピーディスクをパソコンにセットする。
  2. メニューバーの「オプション」→「動作環境設定」→『動作環境の設定』画面→「基本設定」の画面にある「データの場所」の「変更」をクリックする。
    (三森支太郎Ver5.13以前ではメニューバー「オプション」→「動作環境設定」→『動作環境の設定』画面の「データの場所」項目の「変更」をクリック。)
  3. 『データの保存場所』画面でUSBメモリー([ リムーバブルディスク ]など)またはフロッピーディスク([ 3.5インチFD ])を指定し、 「OK」をクリックする。
  4. 『動作環境の設定』画面左下にある、「設定記憶」をクリックする。
以上で、USBメモリーまたはフロッピーディスクが常に保存場所として指定されます。
尚、読込や保存を行う前には必ず、USBメモリーやフロッピーディスクをパソコンにセットしておいてください。
セットされていないと「指定したパスがみつかりません」などのエラーが表示されます。

※ USBメモリーなどだけでなく、任意のフォルダを保存場所に固定する場合も手順は同様になります。

【関連質問】
4-4.「指定したパスがみつかりません」とのエラーが表示され、保存したデータを開くことができません。作成したデータの保存もできません。
4-6.保存したデータが表示されません。
4-10.データの保存場所の履歴を削除することはできますか?
4-12.作成したデータはどこに保存されていますか?
4-14.保存したデータの名前(データファイルのコメント)を変更するにはどうすればよいですか?

2. 新規作成をクリックしたのに、入力画面に前のデータが残っているのは何故でしょうか?
メニューバー「ファイル」→「新規作成の雛形にする」を実行された可能性があります。
下記の手順で雛形をリセットさせてください。
  1. メニューバー「ファイル」→「新規作成の雛形にする」→『確認』画面「現在の入力内容を新規作成時の 雛形に登録します」で「いいえ」をクリックする。
  2. 次に表示された『確認』画面「新規作成時の雛形登録をリセットします」で「はい」をクリックする。
バージョンによっては、「現在の入力内容を新規作成時の雛形に登録します」画面で「キャンセル」をクリックし、 次に表示された「新規作成時のひな形ファイルを削除します」で「はい」をクリックして雛形をリセットさせます。

また、何も入力していない画面を再度「新規作成の雛形にする」で登録し直しせば、登録がリセットされ次回から新規作成画面が 空欄になります。

3. 別々のフォルダーに保存したデータを利用して、合計請求書を作成することはできますか?
フォルダが異なる場合は、合計請求書を作成できません。
データの保存場所が分かれていると「合計請求データ作成」の機能は使えませんので、データを同じフォルダに 保存しなおしてください。
また、同じフォルダであっても、三森支太郎2の保存データと三森支太郎3の保存データのようにナンバーが異なるソフトで作成したデータ同士では 合計請求書を作成することはできませんのでご注意ください。

※消費税に関する注意事項※
・現在の設定とは異なる消費税率で作成したデータで合計請求書を作成した場合、現在ソフトに設定されている消費税率で計算しなおされますのでご注意ください。 (作成当時と違う金額になる可能性があります)
 なお、内税で作成されているデータの場合は、異なる消費税率でも計算しなおされません。


【関連質問】
2-10.合計請求書に印刷される「前回御請求額」と「御入金額」はどこで入力するのですか?
2-13.合計請求書で印刷される「税抜御買上額」を「税込御買上額」に変更することはできますか?
2-16.合計請求書に印刷される「締切日」を今月のみ変更したいのですが、先月の30日締切分と表示されるばかりで変更できません。
3-3.合計請求書で内容入力画面の品名に個々の内訳を表示させるにはどうしたらいいですか?

4. 「指定したパスがみつかりません」とのエラーが表示され、保存したデータを開くことができません。作成したデータの保存もできません。
データ保存場所のフォルダを移動させたり、フォルダの名前を変更した場合に表示されるエラーです。
また、別のパソコンでバックアップデータを復元(読込)させた場合にも表示されることがあります。

★保存したデータを開く、またはデータを保存する場合
  1. メニューバー「ファイル」→「開く」で表示された「指定したパスがみつかりません」エラー画面の「キャンセル」をクリックする。
  2. 『データファイルの読込(保存)』画面上部にある「データの場所」をクリックして表示された「指定フォルダ[フォルダの場所]がありません」エラー画面の「OK」をクリックする。
  3. 『データ保存場所の変更』画面から、開きたいデータの入っているフォルダを選択して「OK」ボタンをクリックする。
    (データがあるフォルダを選択すると、画面の左下に「対象データ有り」と青文字で表示されます)
以上のようにエラー画面が表示されてもそのままそのまま操作を進めてください。
また、データを保存する場合も、手順1で「ファイル」→「新規保存」を選択後はほぼ同様の手順になります。

なお、新規フォルダを作成してそこを新たな保存場所にしたい場合は、こちら(「保存に関する質問」の5番)をご参考下さい。

★今後エラーが表示されないようにする場合

エラー画面は
  1. メインフォルダ(『データファイルの読込(保存)』画面で直ぐに開かれるフォルダ)の保存場所やフォルダ名を変更している。
  2. 『データファイルの読込(保存)』画面上部にある「データの場所」に削除したフォルダや以前の場所・名前のフォルダの履歴が残っている。
と表示され続けますので、メインの保存場所の再設定や必要ない履歴を削除しておくと再表示されなくなります。

メインの保存場所を設定する場合は、
  1. メニューバー「オプション」→「動作環境設定」→『動作環境の設定』画面→「基本設定」の画面にある「データの場所」の「変更」をクリックする。
    (途中で「指定フォルダ[フォルダの場所]がありません」とエラー表示された場合は「OK」をクリックして、そのまま操作を進めます)
  2. 表示された『データ保存場所の変更』画面でメインの保存場所にするフォルダを指定し、「OK」をクリックする。
  3. 『動作環境の設定』画面左下にある「設定記憶」をクリックする。
以上で選択したフォルダが今後のメイン保存場所になります。
(三森支太郎Ver5.13以前では、手順1でメニューバー「オプション」→「動作環境設定」→『動作環境の設定』画面の「データの場所」項目の「変更」をクリックします)

また『データファイルの読込(保存)』画面の「データの場所」の下向きの三角ボタンクリックで表示される履歴を削除する場合は、メニューバー「ツール」→「入力/アクセス履歴削除」の「ファイルアクセス」から行ってください。 手順の詳細はこちら(「保存に関する質問」の10番)をご参考下さい。

【関連質問】
4-5.デ−タフォルダがいっぱいになり、保存できなくなりました。どうすればまた保存できるようになりますか?(新しいデータ保存場所を作成する方法)
4-10.データの保存場所の履歴を削除することはできますか?

5. デ−タフォルダがいっぱいになり、保存できなくなりました。どうすればまた保存できるようになりますか?(新しいデータ保存場所を作成する方法)
新規フォルダを作成し、そこを新たなデータ保存場所として使用すれば、今までと同数のデータが保存できるようになります。
※1つのフォルダに保存できる件数はご使用のソフトのバージョンによって異なります。

下記手順で新しいフォルダを作成し保存場所にしてください。(三森支太郎はVer5.33以降、三森支太郎2はVer1.10以降の手順になります)
  1. メニューバー「オプション」→「動作環境設定」→『動作環境の設定』画面→「基本設定」の画面にある「データの場所」の「変更」をクリックする。
  2. 表示された『データ保存場所の変更』画面から新たにフォルダを作成したい場所をクリックで選択し、画面下にある「フォルダー作成」ボタンをクリックする。
    (通常は直前に開いたデータフォルダが選択されています。そのフォルダをそのまま選択すると、そのフォルダ内(下層)に新しいフォルダが作成されます)
  3. 作成するフォルダー名を入力後、「OK」ボタンをクリックする。
  4. 作成したフォルダーが選択されているのを確認後、『データ保存場所の変更』画面を閉じ、『動作環境の設定』画面左下にある「設定記憶」をクリックする。
    (新しいフォルダを今後のメイン保存場所にしない場合は「OK」ボタンをクリックしてください)
いままでのフォルダは『データファイルの保存(読込)』画面の「データの場所」右横の下向きの三角ボタンボタンをクリックすると、履歴が表示されるのでそこから選択してデータを表示させてください。 (注:過去履歴は三森支太郎Ver5.11以降の機能です)
履歴に以前のフォルダが表示されなかったり、フォルダを移動してしまって表示されない場合は『データファイルの読込』画面上部、「データの場所」をクリックし、 表示された『データ保存場所の変更』画面から以前の保存フォルダを探し出して開いて下さい。 (データがあるフォルダを選択すると、画面の左下に「対象データあり」と青文字で表示されます)

「データの場所」の履歴を削除する場合に、こちら(「保存に関する質問」の10番)をご参考下さい。

また、上記の手順以外にも、
 1.『データファイルの読込(保存)』画面のメニューバー「ファイル」→「新しい保存場場所」から作成する。
   (現在開いているフォルダと同じ階層に、「DATA○○」(○は数字)のフォルダ名で作成されます)
 2.『データファイルの読込(保存)』画面の「データの場所」→『データ保存場所の変更』画面から作成する。
   (現在開いているフォルダ内(下層)に新しいフォルダが作成されます)
からでも新しいフォルダを作成できます。

★新しいフォルダまたは別のフォルダを今後のメイン保存場所にする場合

新しいフォルダまたは別のフォルダを今後のメイン保存場所(『データファイルの読込(保存)』画面で直ぐに開かれるフォルダの場所)にする場合は、
  1. メニューバー「オプション」→「動作環境設定」→『動作環境の設定』画面→「基本設定」の画面にある「データの場所」の 「変更」をクリックする。
    (三森支太郎Ver5.13以前ではメニューバー「オプション」→「動作環境設定」→『動作環境の設定』画面の「データの場所」項目の「変更」をクリックする)
  2. 表示された『データ保存場所の変更』画面で、メイン保存場所にしたいフォルダを選択し「OK」をクリックする。
  3. 『動作環境の設定』画面左下にある「設定記憶」をクリックする。
いままでのフォルダは『データファイルの保存(読込)』画面の「データの場所」右横の下向きの三角ボタンボタンをクリックすると、履歴が表示されるのでそこから選択してデータを表示させてください。 (注:過去履歴は三森支太郎Ver5.11以降の機能です)
履歴に以前のフォルダが表示されなかったり、フォルダを移動してしまって表示されない場合は『データファイルの読込』画面上部、「データの場所」をクリックし、 表示された『データ保存場所の変更』画面から以前の保存フォルダを探し出して開いて下さい。(データがあるフォルダを選択すると、画面の左下に「対象データあり」と青文字で表示されます)

データを保存していたフォルダの場所がわからない場合は、こちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を 参考に検索してみてください。
三森支太郎の場合は「SAVE001.DAT」、三森支太郎2の場合は「SAVE2001.DAT」、三森支太郎3の場合は「SAVE3001.DAT」などで検索してください。

「データの場所」の履歴を削除する場合に、こちら(「保存に関する質問」の10番)をご参考下さい。

【三森支太郎Ver5.10以前のバージョンで保存データを開く場合】
Ver5.10以前の三森支太郎をご使用の場合、以前までの保存データを開くには、メニューバー「ファイル」→「開く」で表示される 『データファイルの読込』画面上部、「データの場所」項目の「変更」をクリックして、以前の保存フォルダを指定して下さい。

【関連質問】
4-10.データの保存場所の履歴を削除することはできますか?
4-11.新しいフォルダを作成してそこにデータを保存したら、いままで作成したデータが読込画面から消えてしまいました。
4-12.作成したデータはどこに保存されていますか?

6. 保存したデータが表示されません。
データが表示されないのは、『データファイルの読込』画面でデータの入っていないフォルダが開かれているか、または保存データのタイトルを記憶している「INDEX○.DAT」(○に数字がはいります)ファイルが存在しない(削除されている)可能性が高いです。

前者の場合は、『データファイルの読込(保存)』画面にある「データの場所」右横の下向きの三角ボタンボタンをクリックして 表示される履歴先のフォルダを確認してみてください。
また、こちら(「4.保存に関する質問」の7番)もお試しください。




データを移動やコピーさせてきた場合には、元のフォルダから「INDEX○.DAT」をデータと同じフォルダにコピーさせてください。データのタイトルが表示されるようになります。
(三森支太郎では「INDEX.DAT」、三森支太郎2では「INDEX2.DAT」、三森支太郎3では「INDEX3.DAT」になります)

また三森支太郎3や三森支太郎2で、旧データ(*)が表示されない場合には、こちら(「保存に関する質問」の7番) をご参考下さい。
(*)旧データとはナンバーが小さいソフトで作成したデータになります。例えば三森支太郎3の場合は、三森支太郎や三森支太郎2で作成したデータがそれにあたります。

なお、一部のデータのみを移動させた場合に、「INDEX.DAT」(または「INDEX2.DAT」「INDEX3.DAT」)を一緒に移動させると、移動させていない 保存データのタイトルまで表示されてしまいますので、ご注意下さい。
一部のデータのみを移動(コピー)させた場合には、メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面でそのデータがあるフォルダを開き、 データが「SAVE008.DAT」という名前ならば、「No.008」を選択後「OK」をクリックしてデータを開いてください。 (下3桁がファイルのナンバーになります。)
三森支太郎Ver5.15以降をご使用の場合には、起動した三森支太郎(三森支太郎2、三森支太郎3)へそのまま保存データをドロップすれば、 簡単に開くことができます。
但し、三森支太郎で三森支太郎2や三森支太郎3のデータを、三森支太郎2で三森支太郎3のデータを開くことはできません。

「INDEX.DAT」または「INDEX2.DAT」「INDEX3.DAT」を削除してしまった場合、メニューバー「ファイル」→「開く」→ 『データファイルの読込』画面の「データの場所」から「SAVE3001.DAT」などのデータが入っているフォルダを開き、 「No.001」から順に通常通りデータを読み込み、一つ一つコメントをつけて保存しなおしてください。
尚、保存日付は保存し直した日付になります。
保存しなおす際には異なるデータを上書きしてしまわないように充分気をつけください。
(読み込んだデータのナンバーに再度保存し直すのが間違いがありません)

◆保存されているデータの名前
三森支太郎  : 「SAVE001.DAT」などが作成したデータ、  「INDEX.DAT」がインデックスデータ
三森支太郎2 : 「SAVE2001.DAT」などが作成したデータ、 「INDEX2.DAT」がインデックスデータ
三森支太郎3 : 「SAVE3001.DAT」などが作成したデータ、 「INDEX3.DAT」がインデックスデータ

※「SAVE3001.DAT」などの下3桁はファイルのナンバーになりますので、「SAVE3008.DAT」であれば、メニューバー「ファイル」→「開く」→ 『データファイルの読込』画面に表示されている「No.008」のデータということになります。
「INDEX○.DAT」(○に数字がはいります)には、保存データのタイトルを記憶しています。

【関連質問】
4-7.三森支太郎3で、三森支太郎や三森支太郎2で作成し保存したデータ(旧データ)を読み込ませるにはどうすればよいのですか?
4-11.新しいフォルダを作成してそこにデータを保存したら、いままで作成したデータが読込画面から消えてしまいました。
4-12.作成したデータはどこに保存されていますか?
4-13.保存したデータが何日か経つと消えてしまいます(保存されていません)。

7. 三森支太郎3で、三森支太郎や三森支太郎2で作成し保存したデータ(旧データ)を読み込ませるにはどうすればよいのですか?
●三森支太郎3で旧データ(ナンバーが小さいソフトで作成したデータ)を読み込ませるには、
  1. メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面上部にある「データの場所」をクリックして、 データを保存している場所(フォルダ)を選択する。
  2. 『データファイルの読込』画面左下にある「読み込むデータを選択して下さい」の「下向きの三角ボタン」をクリックして、 読み込みたいデータの形式を選択する。
    または『データファイルの読込』画面のメニューバー「データ形式」から読み込みたいデータの形式を選択する。
以上で、旧データが表示されますので、後は通常通り読み込みを行ってください。
なお、フォルダ内にナンバーが異なるソフトで作成したデータしか入っていない場合は(三森支太郎で作成したデータのみなど)、 手順「2」でデータの形式を選択しなくても自動的に選択されます。

●三森支太郎2で三森支太郎で作成した旧データを読み込ませるには、
  1. メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面上部にある「データの場所」をクリックして、 保存データの場所を指定する。
  2. 『データファイルの読込』画面左下にある「旧データ」をクリックしてチェックマークをいれる。
以上になります。なお三森支太郎2では、三森支太郎3の保存データを読み込むことはできません。

※旧データは読込専用で上書きはできません。保存時は、読み込んだバージョンの新規データとして保存されます。
(例:三森支太郎3で三森支太郎のデータを読み込んだ場合、保存時は三森支太郎3のデータ形式で保存される)


【関連質問】
4-6.保存したデータが表示されません。

8. 三森支太郎や三森支太郎2で保存したデータ(旧データ)を三森支太郎3で開いた後、保存し直すことはできますか?
元の形式で保存し直すことはできません。三森支太郎3の新規データとして保存されます。

三森支太郎3と、三森支太郎や三森支太郎2ではデータの保存形式が異なる為、データを開いて編集することはできても 元のデータの形式で新規保存や上書き保存はできませんのでお気をつけください。
三森支太郎のデータを三森支太郎2で読み込ませた場合も同様になります。

また、三森支太郎3で保存したデータを三森支太郎2や三森支太郎で読み込むことはできませんので、保存の際にはお気をつけください。

【関連質問】
4-7.三森支太郎3で、三森支太郎や三森支太郎2で作成し保存したデータ(旧データ)を読み込ませるにはどうすればよいのですか?

9. 三森支太郎を購入したユーザーです。ベクターでダウンロードした三森支太郎の最新版を旧バージョンへ上書きしたら、「同一のデータの場所には30件までしか 新規保存できません」と警告がでました。パスワードを入力し直しても駄目です。どうしてですか?またどうすれば以前のように30件以上保存できるようになるのですか?

※2011年から、ベクター版も弊社ホームページで公開しているソフトと同様のものになっています。
  パスワードを入力しなくても30件以上保存できますので、インストール後はそのままご使用ください。
  なお、三森支太郎は販売を終了しておりますのでご了承ください。


ベクター版の三森支太郎は完全なフリー版となっているため、三森支太郎を購入されている(パスワード所有の)ユーザーの方が 旧バージョンに上書き更新されたり、ユーザーツールを使用してパスワードを入力されても、機能制限を解除することはできませんので、 ご注意ください。(上書きの際、自社情報や得意先などパスワード以外の情報は引き継がれます)

三森支太郎を以前のように同じフォルダに30件以上保存できるようにするには、弊社のホームページから三森支太郎最新版をダウンロードし、 さらに上書き更新してください。今度は他の設定と一緒にパスワードも引き継がれます。
上書きの手順についてはこちら(「良くある質問」の3番)をご参照ください。

尚、パスワードの再入力やパスワードの再送・再発行をされる場合には、こちら(「パスワード・使用期限に関する質問」の10番)を ご参照ください。

[補足]
ベクター版は左上のタイトルバーとメニューバー「ヘルプ」→「バージョン情報」に「三森支太郎F」と表示されています。
「F」がついていない場合には、パスワードを入力し、機能制限を解除することが可能です。(要「三森支太郎・ユーザーツール」)
窓の杜版は弊社でのソフトと同じく「F」は付いていません。

【関連質問】
5-7.パスワード入力、キーコードの送信画面が表示されないのはどうしてですか?(三森支太郎)
5-9.パスワードを購入しているのに「使用期限を超過したので機能限定されます」と表示されてFREE版に戻ってしまいました。
5-10.三森支太郎を購入したユーザーです。最新版をインストールしパスワードを再発行してもらおうとしたら「キーコードの送信」や 「パスワードの入力」コマンドがありませんでした。どうすればよいのですか。

10. データの保存場所の履歴を削除することはできますか?
三森支太郎3、三森支太郎2Ver1.02(2005.10.11更新)以降、三森支太郎Ver5.33(2005.11.11更新)以降であれば、ツールの「入力/アクセス履歴削除」から 履歴を削除することができます。
  1. メニューバー「ツール」→「入力/アクセス履歴削除」をクリックする。
  2. 『入力/アクセス履歴削除』画面下部にある「ファイルアクセス」をクリックする。
  3. 今までのファイルの読込場所の履歴が表示されるので、選択して「削除」ボタンをクリックする。
同じ画面から見積書の「納入場所」「支払条件」「有効期限」や領収証の「但し書き」も削除することができます。

なお、履歴削除するフォルダがメイン保存場所として設定されてあったり、直前にそのフォルダを開いていた場合は、履歴を削除してもソフト再起動後にその履歴が復活します。
その場合は、先に別のフォルダをメイン保存場所に設定しなおしたり、別のフォルダを開いて「データの場所」に表示させてから 履歴を削除してください。
データのメイン保存場所の変更はこちら(「保存に関する質問」の5番)の後半を参考にしてください。

また古いバージョンをご使用の場合には、「入力/アクセス履歴削除」の機能はありませんので、同じナンバーのソフトの最新版にバージョンアップしてご使用ください。
(注意:三森支太郎から三森支太郎3へのバージョンアップはナンバーが異なるソフトになるため有料になります。ご注意ください)
バージョンアップの方法はこちら(「よくある質問」の3番)をご参照ください。

【関連質問】
4-4.「指定したパスがみつかりません」とのエラーが表示され、保存したデータを開くことができません。作成したデータの保存もできません。
4-5.デ−タフォルダがいっぱいになり、保存できなくなりました。どうすればまた保存できるようになりますか?(新しいデータ保存場所を作成する方法)

11. 新しいフォルダを作成してそこにデータを保存したら、いままで作成したデータが読込画面から消えてしまいました。
今までデータを保存していたフォルダとは別のフォルダが開いているため、データが消えてしまったように見えているのではないかと思います。

メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面の「データの場所」の右端にある下向きの三角ボタンをクリックすると、 今まで開いたことがあるフォルダの履歴が表示されますので、そこから以前のデータを保存しているフォルダを選択してください。いままで作成したデータが表示されるはずです。
尚、履歴がない場合やフォルダの場所を移動させた場合には、『データファイルの読込』画面の「データの場所」をクリックして、 そこからデータの保存してあるフォルダを選択してください。 (データの入っているフォルダをクリックすると左下に「対象データ有り」と表示されます)

以前のフォルダを『データファイルの読込(保存)』画面で直ぐに開かれるフォルダに戻したい場合は、(「保存に関する質問」の5番)の 後半を参考に設定しなおしてください。
また、表示されなくなったデータが三森支太郎や三森支太郎2など異なるナンバーのソフトで作成されているデータの可能性がある場合はこちら(「保存に関する質問」の7番)を参考してください。

【関連質問】
4-6.保存したデータが表示されません。
4-7.三森支太郎3で、三森支太郎や三森支太郎2で作成し保存したデータ(旧データ)を読み込ませるにはどうすればよいのですか?
4-12.作成したデータはどこに保存されていますか?
4-13.保存したデータが何日か経つと消えてしまいます(保存されていません)。

12. 作成したデータはどこに保存されていますか?
ご使用のパソコンのWindowsのバージョン(XPや7など)やご使用の三森支太郎シリーズのバージョン、保存先の設定により異なります。

三森支太郎シリーズの解凍先(インストール先)やデータの保存場所を変更させずにそのまま使用されている場合は、下記フォルダを開いてください。
任意の場所を解凍先や保存先にされた場合はそちらを開いてください。場所がわからない場合は、こちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を 参考に「SAVE3001.DAT」などのデータ名で検索してみてください。

--------------------------------------------------------------------------------
■ 三森支太郎3Ver2.00以降、三森支太郎Ver7.00以降をご使用の場合
--------------------------------------------------------------------------------

【Win 2000、Me、Xpをご使用の場合】
「C:\Program Files\OMSLIB\Chohyo」の「DATA01」フォルダの中にあります。
エクスプローラ画面(スタートボタンにマウスカーソルをおき、右クリック→エクスプローラ)などからフォルダを開いていってください。
※64ビット版の場合は、「C:\Program Files(X86)」フォルダになります。

【Win Vista以降をご使用の場合】
「C:\ProgramData\OMSLIB\Chohyo」の「DATA01」フォルダの中にあります。
エクスプローラ画面などからフォルダを開いていってください。

「C:\Program Data\omslib\Chohyo」の場所を開く場合、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→エクスプローラからか、キーボードの 左下あたりにある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押してエクスプローラ画面を開いてください。
そこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」→「Program Data」→「omslib(OMSLIB)」→「Chohyo」のように開いていきます。

※パソコンの設定によっては「ProgramData」フォルダは隠しフォルダとして表示されていません。
その場合は、「コントロールパネル」から「フォルダーオプション」→「フォルダーオプション」画面で「表示」タブ→ 「詳細設定」項目にある「ファイルとフォルダーの表示」の「隠しファイル、隠しフォルダー、隠しドライブを表示する」をクリックして選択後、 「OK」ボタンをクリックしてください。「ProgramData」フォルダが表示されるようになります。
(ご使用のOSによって設定方法は異なりますので、詳しくはWindowsのヘルプやマニュアルをご参考ください)


◆フォルダに保存されているデータの名前
三森支太郎  : 「SAVE001.DAT」などが作成データ、  「INDEX.DAT」がインデックスデータ
三森支太郎2 : 「SAVE2001.DAT」などが作成データ、 「INDEX2.DAT」がインデックスデータ
三森支太郎3 : 「SAVE3001.DAT」などが作成データ、 「INDEX3.DAT」がインデックスデータ

※「SAVE3001.DAT」などの下3桁はファイルのナンバーになりますので、「SAVE3008.DAT」であれば、メニューバー「ファイル」→「開く」→ 『データファイルの読込』画面に表示されている「No.008」のデータということになります。
「INDEX○.DAT」(○に数字がはいります)には、保存データのタイトルを記憶しています。

上記以外の場所にデータを保存していてその場所がわからない場合は、こちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を 参考に「SAVE3001.DAT」などのデータ名で検索してみてください。

--------------------------------------------------------------------------------
■ 三森支太郎3Ver1.××、三森支太郎Ver6.××以前、三森支太郎2をご使用の場合
--------------------------------------------------------------------------------

【Win 2000、Me、Xpをご使用の場合】
「C:\Program Files\OMSLIB\Chohyo」の「DATA01」フォルダの中にあります。
エクスプローラ画面(スタートボタンにマウスカーソルをおき、右クリック→エクスプローラ)などからフォルダを開いていってください。
※64ビット版の場合は、「C:\Program Files(X86)」フォルダになります。
 また、ソフトのバージョンによっては「DATA01」フォルダが存在せず、データがそのまま「Chohyo」フォルダ内にあります。

【Win Vista以降をご使用の場合】
「C:\ユーザー(Users)\アカウント名\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\OMSLIB\Chohyo」の「DATA01」フォルダの中にあります。
※64ビット版の場合は、「\Program Files」が「\Program Files(X86)」フォルダになります。
 また、ソフトのバージョンによっては「DATA01」フォルダが存在せず、データがそのまま「Chohyo」フォルダ内にあります)

エクスプローラ画面を、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→エクスプローラからか、キーボードの左下あたりにある 「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押して開いてください。
そこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」(パソコンの設定によってC:ローカルハードドライブなど名称が異なります) →「ユーザー(Users)」→「アカウント名」→「AppData」→「Local」→「VirtualStore」→「Program Files」→「OMSLIB」→「Chohyo」のように開いていってください。

また、パソコンの設定によっては「ProgramData」フォルダは隠しフォルダとして表示されていません。
その場合は、パソコンのフォルダオプションの設定(Win10の場合は「エクスプローラーのオプション」)を変更するか、こちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を 参考に「SAVE3001.DAT」などのデータ名で検索後、画面の検索されたファイルを選択し右クリックして「ファイルの場所を開く」から開いてみてください。


◆フォルダに保存されているデータの名前
三森支太郎  : 「SAVE001.DAT」などが作成データ、  「INDEX.DAT」がインデックスデータ
三森支太郎2 : 「SAVE2001.DAT」などが作成データ、 「INDEX2.DAT」がインデックスデータ
三森支太郎3 : 「SAVE3001.DAT」などが作成データ、 「INDEX3.DAT」がインデックスデータ

※「SAVE3001.DAT」などの下3桁はファイルのナンバーになりますので、「SAVE3008.DAT」であれば、メニューバー「ファイル」→「開く」→ 『データファイルの読込』画面に表示されている「No.008」のデータということになります。
「INDEX○.DAT」(○に数字がはいります)には、保存データのタイトルを記憶しています。

上記以外の場所にデータを保存していてその場所がわからない場合は、こちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を 参考に「SAVE3001.DAT」などのデータ名で検索してみてください。

※Win Vista以降で、三森支太郎3Ver1.××、三森支太郎Ver6.××、三森支太郎2をご使用の場合、ソフトの『データファイルの保存(読込)』 画面の「データの場所」などでは、データの保存場所が「C:\Program Files\OMSLIB\Chohyo」と表示されている場合がありますが、実際のデータはそこにはありません。こちらはVista以降の仕様になります。
実際に表示されている場所に保存させたい場合は、「C:\Program Files\OMSLIB\Chohyo」のフォルダとは別の場所にデータの保存場所を作成してください。 データ保存場所の新規作成方法は、(「保存に関する質問」の5番)をご参考ください。


【関連質問】
1-5.新しいパソコンで使用したいのですが、データなどはどうやって移動させたらよいのですか?
4-5.デ−タフォルダがいっぱいになり、保存できなくなりました。どうすればまた保存できるようになりますか?(新しいデータ保存場所を作成する方法)
4-6.保存したデータが表示されません。

13. 保存したデータが何日か経つと消えてしまいます(保存されていません)。
何もしていないのに保存したデータが削除されてしまうことはありませんので、保存はできているけれど、それが消えてしまったようにみえている可能性が考えられます。
その可能性として、
  1. データの保存先が前回と異なっている。
  2. データ名(データファイルのコメント名)を記憶している「INDEX.DAT」(三森支太郎2の場合は「INDEX2.DAT」、三森支太郎3の場合は「INDEX3.DAT」) を削除してしまっている。
  3. 三森支太郎や三森支太郎2などナンバーが異なるソフトで作成されているデータ(旧データ)である。
の3点が考えられます。

まずはメニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面にある「データの場所」の右端にある、下向きの三角ボタンをクリックしてみてください。 今まで開いたことがあるフォルダの履歴が表示されますので、そこから各フォルダを選択しデータを表示させて、消えたデータを探してみてください。

次に消えたデータが旧データ(*)の可能性がありますので、こちら(「保存に関する質問」の7番)を参考に 各フォルダを確認してみてください。
(*)旧データとはナンバーが小さいソフトで作成したデータになります。例えば三森支太郎3の場合は、三森支太郎や三森支太郎2で作成したデータがそれにあたります。

上記で見つからない場合は、どこにデータが保存されているかをこちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を 参考に検索してみてください。
三森支太郎の場合は「SAVE001.DAT」、三森支太郎2の場合は「SAVE2001.DAT」、三森支太郎3の場合は「SAVE3001.DAT」で検索してください。
また、下3桁がファイルのナンバーになりますので、例えば三森支太郎3を使用で「No.008」のデータが消えている場合は「SAVE3008.DAT」も検索してください。
(支太郎の場合は「SAVE008.DAT」、支太郎2の場合は「SAVE2008.DAT」になります)
検索結果に表示された「フォルダ名」(「C:\Program Files\OMSLIB\Chohyo」など)の場所にデータが保存されています。

●検索で複数の場所が表示されたり、最初のデータ(「SAVE3001.DAT」など)と消えたデータの場所が異なる場合には、 「1.データの保存先が前回と異なっている。」ことになります。
この場合、メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面にある「データの場所」をクリックして検索で表示されたフォルダを開いてください。 そこに消えたデータがあるはずです。

●検索結果に表示された「フォルダ名」が1件しかない場合や、データがあるはずのフォルダを開いてもデータ名が表示されない場合は、 「2.データ名(データファイルのコメント名)を記憶している「INDEX.DAT」(三森支太郎2の場合は「INDEX2.DAT」、三森支太郎3の場合は「INDEX3.DAT」) を削除してしまっている。」ことになります。
その場合は、検索されたフォルダ内のデータをこちら(「保存に関する質問」の6番)を参考に保存しなおしてみてください。

※「データファイルの読込(保存)」画面では、「動作環境設定」で設定したフォルダがメイン保存場所として開かれるようになっています。 (他のフォルダを開いた場合、もう一度他のフォルダを開くかソフトを終了させるまでは、その場所(フォルダ)が表示されています)
そのため、メイン保存場所として設定されていないフォルダにデータを保存すると、次に起動した時にはそのデータが保存されていないフォルダが表示されるため、 保存したデータが消えてしまったように見えます。
設定されているフォルダを変更したい場合は、(「保存に関する質問」の5番)の後半を参考にしてください。

【関連質問】
4-6.保存したデータが表示されません。
4-7.三森支太郎3で、三森支太郎や三森支太郎2で作成し保存したデータ(旧データ)を読み込ませるにはどうすればよいのですか?
4-11.新しいフォルダを作成してそこにデータを保存したら、いままで作成したデータが読込画面から消えてしまいました。
4-12.作成したデータはどこに保存されていますか?

14. 保存したデータの名前(データファイルのコメント)を変更するにはどうすればよいですか?
『データファイルの読込(保存)』画面から変更できます。
  1. メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面を開く。
  2. 名前を変更させたいデータをクリックして選択後、そのまま右クリックして表示されたメニューから「コメント変更」をクリックする。
  3. 『データファイルのコメントを変更』画面からデータ名を変更後、「OK」をクリックする。
以上でデータの名前を変更することができます。
また、ソフトによっては手順3で表示された『データファイルのコメントを変更』画面にある下向きの三角ボタンボタンから宛名名称や明細1行目などを選択して「入力」ボタンをクリックすることで それらを保存名にすることもできます。

※データ名が変更できるのは同じナンバーのソフトで保存されたデータだけになります。
三森支太郎3の場合であれば、『データファイルの読込』画面に三森支太郎や三森支太郎2のデータが表示されていても名前を変更することはできません。
それらの名前を変更する場合は、データを作成したナンバーのソフトを起動して同様に変更させるか、現在使用しているソフトで保存し直してください。

【関連質問】
4-8.三森支太郎や三森支太郎2で保存したデータ(旧データ)を三森支太郎3で開いた後、保存し直すことはできますか?




■ 5.パスワード・使用期限に関する質問 

 
1. 最新版に切り替えてもパスワードは有効ですか?
同じナンバーのソフト同士であれば、パスワードは引き続き有効です。
(例:三森支太郎 Ver1.02→三森支太郎 Ver2.10へバージョンアップなど)

三森支太郎から三森支太郎3のように、ナンバーが異なるソフトへのバージョンアップの場合は、無効になります。
三森支太郎3、三森支太郎2、三森支太郎はそれぞれ別のソフトとなりますので、三森支太郎から三森支太郎3にバージョンアップされる場合には、 そのソフトを新たにご購入いただくことになりますのでご了承ください。
※現在は三森支太郎3のみ販売しています。

バージョンアップの方法はこちら(「良くある質問」の3番)をご参考下さい。
また、バグが少なく便利なものをご利用いただくためにも、なるべく各ソフト最新版への切り替えをお勧めします。
(なお、三森支太郎2は開発・販売ともに終了していますので、ご了承ください。Ver1.40が最終版になります)

また、パソコンを変更された場合もパスワードはそのまま引き継ぐことができます。データの移動方法はこちら(「良くある質問」の5番)をご参考下さい。

【関連質問】
1-3.最新バージョンへバージョンアップ(更新)するにはどうすれば良いですか? また、以前のバージョンでの設定内容や作成したデータは使用できますか?
1-4.印刷時に「見本」の文字が印字されるようになりました。(タイトルバーに「試用版(FREE版)」と表示されている) また、パスワードを入力しても「パスワードが違います」と表示されて受け付けてくれません。
1-5.新しいパソコンで使用したいのですが、データなどはどうやって移動させたらよいのですか?

2. 購入後も使用期限はありますか?
現在購入後に使用期限はありません。
使用期限はありませんが、あまり古いソフトをご使用されていると、ご質問にお答えできない場合がありますので、定期的に新しいバージョンへの 切り替えをお勧めします。
同じナンバーのソフト同士であれば、無料で最新版にバージョンアップできます。
(例::三森支太郎 Ver1.02→三森支太郎 Ver2.10へバージョンアップなど)

【関連質問】
1-3.最新バージョンへバージョンアップ(更新)するにはどうすれば良いですか? また、以前のバージョンでの設定内容や作成したデータは使用できますか?
1-4.印刷時に「見本」の文字が印字されるようになりました。(タイトルバーに「試用版(FREE版)」と表示されている) また、パスワードを入力しても「パスワードが違います」と表示されて受け付けてくれません。
4-5.デ−タフォルダがいっぱいになり、保存できなくなりました。どうすればまた保存できるようになりますか?(新しいデータ保存場所を作成する方法)

3. 業種を2つ兼ねて営業しているために、社名を2件登録して使用しています。 その場合、パスワードを2社分購入する必要がありますか?
1つのソフトに社名を2件登録してのご使用であれば、使用頻度の高い1社名分でのご購入と1パスワードで大丈夫です。

【関連質問】
2-9.異なる2つの自社情報(本社と営業所等)を印刷の都度、使い分けることはできますか?

4. 最新版に更新(バージョンアップ)した場合、追加料金が必要ですか?
同じナンバーのソフトの更新であれば、追加料金は不要です。
(例:三森支太郎 Ver1.02→三森支太郎 Ver2.10へバージョンアップなど)

なお三森支太郎3、三森支太郎2、三森支太郎はそれぞれナンバーの異なる別のソフトとなりますので、三森支太郎から三森支太郎3へ バージョンアップされる場合には、三森支太郎3のソフトを新たにご購入いただくことになりますのでお気をつけください。
※現在は三森支太郎3のみ販売しています。

また、パソコンを変更された場合でも以前と同じ「自社情報」で使用される場合は追加料金は不要です。
新しいパソコンにパスワードなどデータを移動させる方法はこちら(「良くある質問」の5番)をご参考下さい。

【関連質問】
1-3.最新バージョンへバージョンアップ(更新)するにはどうすれば良いですか? また、以前のバージョンでの設定内容や作成したデータは使用できますか?
1-5.新しいパソコンで使用したいのですが、データなどはどうやって移動させたらよいのですか?
5-1.最新版に切り替えてもパスワードは有効ですか?

5. 市町村合併の為にユーザー登録した【自社の住所】(「自社情報設定(自社の情報)」)がかわってしまいますが、購入したパスワードは認識されなくなってしまうのですか? また、その場合、再度支払う必要があるのですか?
住所欄の変更は、パスワードに影響ありません。そのため、再度お支払いいただく必要もありません。
ただ、会社名などを入力した名称欄を変更されますとパスワードが認識されなくなりますので、誤って変更してしまわないようお気をつけください。

またパスワードを再発行される場合は、こちら(「パスワード・使用期限に関する質問」の5番)をご確認ください。

【関連質問】
1-4.印刷時に「見本」の文字が印字されるようになりました。(タイトルバーに「試用版(FREE版)」と表示されている) また、パスワードを入力しても「パスワードが違います」と表示されて受け付けてくれません。

6. パスワードの再発行は有料ですか?
再発行の内容によっては有料になります。

【無料の場合】
 1.パソコンの故障や入れ替えなどにより、パスワードがわからなくなってしまった場合
 2.有限会社から株式会社へのような社名変更を行ってパスワードが認識されなくなった場合

【有料になる場合】
 1.三森支太郎または三森支太郎2から、三森支太郎3にバージョンアップされた場合
 2.ユーザー登録時と全く異なる別の会社名や個人名、ご住所や電話番号などでの再発行依頼の場合
  (社名変更の場合を除きます)

1の理由…三森支太郎3、三森支太郎2、三森支太郎はそれぞれナンバーの異なる別のソフトになるため、それぞれのパスワードが必要になります。
2の理由…ユーザー登録時と全く異なる会社名や個人名、ご住所での再発行の場合は、別の会社(個人)として扱わせていただきますので、ご了承ください。
(社名変更の場合を除きます)
※現在は三森支太郎3のみ販売しています。

また、パソコンが故障したわけではないのに、パスワードが認識されなくなった(またはFREE版、試用版に戻ってしまった)といった場合には、 まずはこちら(「良くある質問」の4番)をお試しください。

パスワードの再発行依頼の際には、再度キーコードの送信を行ってください。(どこかに「ご登録時の名称」と「再発行希望」の旨をご記入ください)
キーコードの送信の詳細についてはこちらをご参考ください。

【関連質問】
1-4.印刷時に「見本」の文字が印字されるようになりました。(タイトルバーに「試用版(FREE版)」と表示されている) また、パスワードを入力しても「パスワードが違います」と表示されて受け付けてくれません。

7. パスワード入力、キーコードの送信画面が表示されないのはどうしてですか?(三森支太郎)
三森支太郎がフリー版のみになったためです。(三森支太郎2、三森支太郎3は違います)
三森支太郎は2006/4/10より販売を終了し、三森支太郎Ver6.00以降フリー版のみとなりました。
そのため、以前は製品版にするためにあった、メニューバー「ヘルプ」の「キーコードを送信」や「パスワードの入力」のコマンドがなくなりました。
三森支太郎をご購入いただいたユーザーの方が、「キーコードの送信」や「パスワードの入力」を行う場合には、 「三森支太郎・ユーザーツール」をインストールする必要があります。
ユーザーツールについての詳細はこちら(「パスワード・使用期限に関する質問」の10番)を ご確認ください。

※なお現在公開中の三森支太郎であれば、パスワードを入力しなくても製品版とかわらない機能を使用することができますので、インストール後は そのままご使用ください。

【関連質問】
1-4.印刷時に「見本」の文字が印字されるようになりました。(タイトルバーに「試用版(FREE版)」と表示されている) また、パスワードを入力しても「パスワードが違います」と表示されて受け付けてくれません。
4-9.三森支太郎を購入したユーザーです。ベクターでダウンロードした三森支太郎の最新版を旧バージョンへ上書きしたら、 「同一のデータの場所には30件までしか新規保存できない」と警告がでました。パスワードを入力し直しても駄目です。どうしてですか? またどうすれば以前のように30件以上保存できるようになるのですか?
5-9.パスワードを購入しているのに「使用期限を超過したので機能限定されます」と表示されてFREE版に戻ってしまいました。
5-10.三森支太郎を購入したユーザーです。最新版をインストールしパスワードを再発行してもらおうとしたら「キーコードの送信」や 「パスワードの入力」コマンドがありませんでした。どうすればよいのですか。

8. 三森支太郎のパスワードで三森支太郎2または三森支太郎3は使用できますか?
誠に申し訳ございませんが使用できません。
三森支太郎3、三森支太郎2、三森支太郎はナンバーが異なる別のソフトになりますので、それぞれのパスワードが必要になります。
そのため、三森支太郎や三森支太郎2から三森支太郎3へバージョンアップされる場合には、三森支太郎3のソフトを新たにご購入いただくことになりますので、 あらかじめご了承ください。
※現在は三森支太郎3のみ販売しています。

9. パスワードを購入しているのに「使用期限を超過したので機能限定されます」と表示されてFREE版に戻ってしまいました。
三森支太郎Ver5.10以前の古いバージョンを使用されている為だと思われます。
弊社ホームページから三森支太郎の最新版をダウンロードし、バージョンアップを行ってください。 パスワード、登録した得意先名などがそのまま引き継がれ、以前通り機能制限なしで使用できるようになります。
バージョンアップの手順についてはこちら(「良くある質問」の3番)をご参照ください。
尚、三森支太郎Ver 5.11以降は使用期限は廃止しています。

【関連質問】
1-3.最新バージョンへバージョンアップ(更新)するにはどうすれば良いですか? また、以前のバージョンでの設定内容や作成したデータは使用できますか?
1-4.印刷時に「見本」の文字が印字されるようになりました。(タイトルバーに「試用版(FREE版)」と表示されている) また、パスワードを入力しても「パスワードが違います」と表示されて受け付けてくれません。

10. 三森支太郎を購入したユーザーです。最新版をインストールしパスワードを再発行してもらおうとしたら「キーコードの送信」や 「パスワードの入力」コマンドがありませんでした。どうすればよいのですか。

※現在弊社サイトで公開されている三森支太郎であれば、パスワードを入力しなくても製品版とかわらない機能を 使用することができますので、インストール後はそのままご使用ください。

---------------------------

■ 最新版でなく使い慣れた古いバージョンのソフトをそのまま使用されたい場合

三森支太郎は2006/4/10より販売を終了し、三森支太郎Ver6.00以降フリー版のみとなりました。
そのため、以前はフリー版から製品版にするためにあった、メニューバー「ヘルプ」の「キーコードを送信」や「パスワードの入力」の コマンドがなくなり、ソフト本体からこれらを実行することはできなくなりました。

2006/4/10以前に三森支太郎をご購入されたユーザーの方が、パスワードの再送・再発行をご希望される場合には、下記より パスワード再発行用のツールをダウンロードし、ご使用の三森支太郎と同じフォルダに解凍(インストール)して「キーコードの送信」を 行ってください。パスワードの入力もこちらのツール画面から行います。
(再送・再発行のご依頼の際には、「ご登録時の名称」「郵便番号」と「再送(再発行)希望」の旨をご記入下さい。)

「三森支太郎・ユーザーツール」(クリックするとすぐにダウンロードが始まります)
http://oms.la.coocan.jp/exe/user_tool.exe

三森支太郎のインストール(解凍)先を変更させずに(初期状態のまま)「C:\Program Files\OMSLIB\Chohyo」インストール(解凍)して いるのであれば、ダウンロードされたユーザーツールソフトをそのまま解凍すると、同じフォルダに解凍(インストール)されます。 三森支太郎をマイドキュメントなど任意の場所に解凍されている場合には、ユーザーツールの「解凍先」もそちらに指定しなおしてください。
ユーザーツールを解凍後は、「Chohyo」フォルダ内の「UserTool.exe」をダブルクリックして起動させてください。自動的に起動される場合もあります。

※フォルダの場所は、エクスプローラ画面から開いてください。
 「C:\Program Files\omslib\Chohyo」であれば、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→エクスプローラからか、キーボードの
 左下あたりにある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押して
 エクスプローラ画面を開いてください。
 そしてそこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」→「Program Files」→「omslib(OMSLIB)」→「Chohyo」のように開いていきます。

キーコードの送信を実行した時に【KeyCode】が「00000」と表示された場合はメニューバー「オプション」→「自社情報設定」→『自社情報の設定』画面 →「自社情報」の「自社の名称」欄が未入力(空欄)の可能性が高いですので、入力後「設定記憶」ボタンをクリックしてください。
また「自社の名称」欄が入力されているのに「00000」と表示される場合には、ユーザーツールソフトが三森支太郎のプログラムソフトと 同じフォルダにはいっていない可能性が高いですので、こちら(「よくある質問」の3番 検索方法) を参考に「Chohyo.exe」と「UserTool.exe」の場所を確認してみてください。

※解凍したユーザーツールソフト「UserTool.exe」は必ずご使用の三森支太郎のプログラムソフト「Chohyo.exe」と同じフォルダにいれてください。 三森支太郎と異なるフォルダに解凍されますと、正しいキーコード情報が作成されませんのでご注意ください。

また、以前ベクターさんにて公開していた三森支太郎はユーザーツールソフトを使用して正しいパスワードを入力しても機能制限を解除できませんのでご注意ください。
ベクター版をダウンロードされている方はこちら(「保存に関する質問」の9番)もご確認ください。

【関連質問】
4-9.三森支太郎を購入したユーザーです。ベクターでダウンロードした三森支太郎の最新版を旧バージョンへ上書きしたら、 「同一のデータの場所には30件までしか新規保存できない」と警告がでました。パスワードを入力し直しても駄目です。どうしてですか? またどうすれば以前のように30件以上保存できるようになるのですか?
5-7.パスワード入力、キーコードの送信画面が表示されないのはどうしてですか?(三森支太郎)
5-9.パスワードを購入しているのに「使用期限を超過したので機能限定されます」と表示されてFREE版に戻ってしまいました。

11. キーコード(KeyCode)とはなんですか? パスワードとは違うのですか?
キーコード(KeyCode)とは、パスワードを作成するために必要な5桁の数字になります。
お客様から「キーコードの送信」情報としてユーザー情報と一緒にご連絡していただき、そのキーコードとユーザー情報を元にパスワードが作られます。
つまり、「パスワード」=「キーコード(KeyCode)」+「ユーザー情報」ということになります。


送 信 元 用   途
キーコード お客様から パスワードの元になる
パスワード 弊社から ソフトの機能制限を解除する

キーコードは、ソフトのメニューバー「オプション」→「自社情報設定」→「自社情報」に住所など必要事項を入力後に、 メニューバー「ヘルプ」→「キーコードを送信」→「Eメールで送信」または「注文書をFAX送信」を実行すると表示されます。
キーコードの送信の詳細についてはこちらをご参考ください。




■ 6.その他の質問 

1. スタートメニューへ登録するにはどうすればいいのですか?
ダウンロードされたバージョンによってはインストール(解凍時)に、スタートメニューに登録するかどうかを尋ねられるので、そこで選択して下さい。
スタートメニューへ登録される場合は下記手順のようになります。

【Win ME、2000をご使用の場合】
 1.スタートメニューの「設定」→「タスクバーと[スタート]メニュー」をクリックする。
 2.「詳細」設定タブを選択し、「追加」ボタンをクリックする。
 3.『ショートカットの作成』画面の「参照」ボタンをクリックし、ソフトの解凍先フォルダーを開いてプログラム(ソフト本体※)を選択し「次へ」をクリックする。
 4.ショートカットの保存先を指定して、「次へ」をクリックする。
 5.ショートカットの名前を「見積・請求書作成三森支太郎」などにして「完了」をクリックする。

※手順3で、三森支太郎の場合は「Chohyo.exe」、三森支太郎2の場合は「Sitaro2.exe」、三森支太郎3に場合は「Sitaro3.exe」を選択してください。 ソフトのインストール(解凍)先が初期状態のままであれば、「C:Program Files\OMSLIB\Chohyo」の「Chohyo」フォルダのなかにプログラム(ソフト本体)はあります。
プログラムの場所がわからない場合は、こちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を参考に検索してください。

【Win XPをご使用の場合】
 こちら(「初心者向けQ&Aの4番」)をご参考ください。

【Win Vista、7をご使用の場合】
 1.スタートメニューに追加するプログラム(ソフト本体)またはそのショートカットを右クリックし、表示された画面から「[スタート] メニューにアイコンを追加」を クリックする。(基本的にショートカットは「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「OMSソフト」内に作成されています)

【Win 8.1以降をご使用の場合】
 1.スタート画面に追加するプログラム(ソフト本体)またはそのショートカットを右クリックし、表示された画面から「スタート画面にピン留めする」をクリックする。
 2.スタート画面(の右端)に表示されたショートカットアイコンをドラッグして任意の位置に移動させる。

スタートメニューやスタート画面に登録したショートカットを削除する場合は、削除するショートカットにマウスカーソルをのせたまま右クリックし、 表示された画面から「削除」または「[スタート] メニューからアイコンを削除」や「スタート画面からピン留めを外す」などクリックして削除してください。
(ソフト本体は削除されませんので、ソフトの削除は別に行ってください)

【関連質問】
6-12.ソフトをアンインストール(削除)するにはどうすればよいのですか?

2. 備考欄を一列入れたいのですが何か方法はありますか?
三森支太郎2、三森支太郎3には金額欄右横に備考欄が一列追加されています。
必要ない場合には非表示にすることもできます。(三森支太郎2と三森支太郎3の古いバージョンではできません)

なお、三森支太郎では対応できる方法がありませんので、宛名情報入力画面の下段にある備考欄をご活用ください。

【関連質問】
3-20.備考欄(金額欄の横にある)をなくすことはできますか?

3. PDFファイルにして相手にメールで帳票を送ることができますか?
PDFファイルにすることはできませんが、画像ファイル(JPEG画像)にしてメールで送ることなら出来ます。
  1. 画像ファイルにしたい帳票を開き、メニューバー「印刷」または各アイコン(例:アイコン) をクリックして『○○書の印刷』画面させる。
  2. 画面下にある「プレビュー」ボタンをクリックし、『印刷プレビュー』画面を表示させる。
  3. 画面左上にある「画像保存」ボタンをクリックし、任意の場所に名前をつけて画像を保存させる。
    「画像保存」ボタンが表示されていない場合は、プレビュー画面で右クリックして表示されたメニューから「プレビュー内容を画像ファイルに保存」を選択して、 名前をつけて画像を保存させる。

※帳票が複数枚にわたる場合は、そのページごとに画像を保存してください。(一括で全ページを保存することはできません)

また、相手側でも三森支太郎シリーズを使用している場合には、保存データ(「SAVE001.DAT」など)をそのまま添付していただいてもかまいません。 データの保存場所はこちら(「保存に関する質問」の12番)を参考にしてみてください。

データを受け取った場合は、三森支太郎Ver5.15以降をご使用の場合には、起動したソフトへそのまま保存データをドロップすれば、簡単に開くことができます。
ドロップがうまくいかない場合にはメニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面でそのデータがあるフォルダを開き、 データが「SAVE008.DAT」という名前ならば、「No.008」を選択後「OK」をクリックしてデータを開いてみてください。(下3桁がファイルのナンバーになります。)
尚、ナンバーが小さいソフトでナンバーの大きいソフトのデータを開くことができませんのでご注意ください。
(例:三森支太郎3で作成したデータを、三森支太郎で開くことはできない)

※データに改ざんを防止する機能はありませんので、データのまま送る場合は重々ご注意ください。

【関連質問】
4-6.保存したデータが表示されません。
4-12.作成したデータはどこに保存されていますか?

4. バックアップを取るにはどうすればいいのですか?
★動作環境など設定データをバックアップする★
登録した得意先名や品名/単位、動作環境設定などの設定内容は、メニューバー「ファイル」→「設定データのバックアップ」→ 『設定データのバックアップ場所を指定』画面でバックアップデータを入れるフォルダを指定後に「OK」ボタンをクリックして、バックアップを行います。

☆バックアップ先はUSBメモリーやMO等の移動可能なメディアをおすすめします。(CD系のメディアは推奨しません)
バックアップを行う前に任意の場所にあらかじめ専用のフォルダを作成しておくと便利です。
フォルダは『設定データのバックアップ場所を指定』画面にある「フォルダーを作成」ボタンから作成することができます。
(三森支太郎Ver5.30以前をご使用の場合は、「設定データのバックアップ」機能がないのでソフトを最新版にバージョンアップしてから行ってください。
 バージョンアップの方法はこちら(「よくある質問」の3番)をご参考ください)
※フォルダの中にバックアップしたデータ以外のものが入っていると、正しくデータが復元されない場合がありますのでお気をつけください。

◆バックアップされる内容:
自社情報設定、動作環境設定、拡張オプション設定、品名/単位リスト登録、 得意先登録、データ検索用、雛形登録内容、新規作成時の雛形、会社ロゴ、会社印、個人の印鑑、(製品版の場合)パスワード

◆バックアップされた時のデータ名:
Sitaro3.ini、得意先.idx、得意先.dat、
CorpLogo.bmp、CorpSeal.bmp、Seal○○.bmp、Template○.dat、NewBase○.dat
(社名ロゴ・会社印・担当印・ひな形・新規作成時のひな形 の設定をしていない場合は存在しないデータがあります)

バックアップしたデータを復元させる場合は、メニューバー「ファイル」→「設定データの復元」からバックアップしたデータが入っているフォルダを選択してください。

★作成した見積書などのデータをバックアップする★
作成した見積書などのデータのバックアップは、メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面を 表示させ、画面上部にあるメニューバー「ファイル」→「バックアップ」から行ってください。

☆バックアップ先はUSBメモリーやMO等の移動可能なメディアをおすすめします。(CD系のメディアは推奨しません)
また、バックアップを行う前に任意の場所にあらかじめ専用のフォルダを作成しておくことをおすすめします。
フォルダは『データのバックアップ場所を指定』画面にある「フォルダーを作成」ボタンから作成することができます。

◆保存されるデータ名
三森支太郎  : 「SAVE001.DAT」など作成データ、  「INDEX.DAT」のインデックスデータ
三森支太郎2 : 「SAVE2001.DAT」など作成データ、 「INDEX2.DAT」のインデックスデータ
三森支太郎3 : 「SAVE3001.DAT」など作成データ、 「INDEX3.DAT」 のインデックスデータ

尚、同じフォルダ内に異なるナンバーのソフトで作成されたデータが一緒に保存されてあっても、使用しているソフトで 作成されたデータしかバックアップできませんのでご注意ください。(例:三森支太郎3で、三森支太郎で作成されたデータをバックアップすることはできない)

※データファイル読込画面でデータが表示されているのに、メニューバー「ファイル」の「バックアップ」の文字が選択不可になっている場合は、 使用ソフトとは違うナンバーのソフトのデータ形式でデータが表示されていますので、データ形式を確認してみてください。

●異なるナンバーのソフトで作成されたデータなどを一括でバックアップされたい場合には、こちら(「1.よくある質問」の5番の★作成した見積書などのデータをバックアップ・復元する )を参考にしてください。

同じフォルダ内のナンバーが異なるソフトで作成したデータもバックアップしたい場合は、上記のURL先を参考にしていただくか、データをひとつひとつ「読込」→「新規保存」でそのナンバーの 形式に保存しなおすか、またはそれぞれのソフトでバックアップを行ってください。
作成したデータが入っているフォルダの場所がわかる場合には、そのフォルダごと新しいパソコンに移動(コピー)しても構いません。 作成したデータの保存場所はこちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を参考に検索してみてください。
三森支太郎の場合は「SAVE001.DAT」、三森支太郎2の場合は「SAVE2001.DAT」、三森支太郎3の場合は「SAVE3001.DAT」などで検索してください。
(下3桁の数字は、データのNoになります。例:SAVE3012.DAT→支太郎3のNo.012のデータ)
なお、Win Vista以降をご使用の場合にはこちらも(「4.保存に関する質問」の12番)参考にしてください。

◆バックアップした作成データを読み込ませる場合は、
1.メニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面上部にある「データの場所」をクリックする。
2.『データ保存場所の変更』画面からバックアップしたデータの入っているフォルダを選択して、OKを押す。

また上記で選択したフォルダを今後のメイン保存場所(メニューバー「ファイル」→「新規保存」→『データファイルの保存』画面で直ぐに開かれるフォルダ)にする場合は、
1.メニューバー「オプション」→「動作環境設定」→『動作環境の設定』画面→「基本設定」にある「データの場所」の「変更」をクリックする。
2.表示された『データ保存場所の変更』画面で先ほど選択したフォルダを指定し、「OK」をクリックする。
3.『動作環境の設定』画面左下にある、「設定記憶」をクリックする。

ここでメイン保存場所の設定をしていない場合、『データファイルの保存(読込)』画面を表示させるたびに「指定したパスがみつかりません」 のエラーが表示される場合がありますのでご注意ください。
(上記エラーが表示される場合には、こちら(「4.保存に関する質問」の4番)をご参考ください)

★古いパソコンから新しいパソコンにデータを移動させる場合★
新しいパソコンにデータを移動させる場合は、いままで使用していたソフトを起動後、設定データ・作成データをそれぞれバックアップを行い、 新しいパソコンにインストールされたソフトでバックアップしたデータを読み込ませれば完了します。
新しいパソコンには必ずいままで使用していたナンバーのソフト(三森支太郎なら三森支太郎、三森支太郎3なら三森支太郎3)を インストールしてください。
新しいパソコンへのデータの移動方法の詳細は(「よくある質問」の5番)をご参考ください。

-----------------------------------------------------------------------------
■ 三森支太郎Ver5.30以前や、手動でバックアップを行う場合
-----------------------------------------------------------------------------
※ご使用のWindowsのバージョンによってはOSの仕様によりかなり複雑な下層フォルダにデータが保存されますので、手動でのデータ移動はあまりおすすめできません。

ソフト本体などが入っている「Chohyo」フォルダをそのまま、FDやMO、USBフラッシュメモリなどにコピーすれば、バックアップは完了します。
「Chohyo」フォルダはソフトのインストール(解凍)先を初期状態のまま変更させずに行われているのであれば、 「C:Program Files\OMSLIB\Chohyo」にあります。

※ソフト(フォルダ)の場所は、エクスプローラ画面から開いてください。
 「C:\Program Files\omslib\Chohyo」であれば、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→エクスプローラからか、キーボードの
 左下あたりにある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押して
 エクスプローラ画面を開いてください。
 そしてそこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」→「Program Files」→「omslib(OMSLIB)」→「Chohyo」のように開いていきます。

見積書などの作成したデータは、一番最初にデータを保存したときにフォルダを変更していなければ、「Chohyo」フォルダ内の 「DATA○○」(○には数字が入ります)に保存されています。バージョンによっては「Chohyo」フォルダの中にそのままデータがあります。
その場合は、「Chohyo」フォルダをコピーするだけで設定データも作成したデータもまとめてバックアップされますが、別の場所にフォルダを作成し データを保存している場合は、そのフォルダも忘れずにバックアップしてください。

なお、ご使用のパソコンがWinVista以降の場合は、上記の場所ではなく複雑な下層フォルダにデータが保存されますので こちら(「4.保存に関する質問」の12番)を参考にデータの場所を確認しバックアップしてください。

データの保存場所がわからない場合には、こちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を参考に検索してみてください。
三森支太郎の場合は「SAVE001.DAT」、三森支太郎2の場合は「SAVE2001.DAT」、三森支太郎3の場合は「SAVE3001.DAT」などで検索します。
(下3桁の数字は、データのNoになります。例:SAVE3012.DAT→支太郎3のNo.012のデータ)

●新しいパソコンに移動させる場合は、「Chohyo」フォルダと作成したデータが保存されたフォルダを新しいパソコンの任意の場所にコピー後、 「Chohyo」フォルダ内にあるソフト本体(三森支太郎の場合は「Chohyo.exe」、三森支太郎2の場合は「Sitaro2.exe」、三森支太郎3の場合は「Sitaro3.exe」)を ダブルクリックしてソフトを起動させてください。
スタートメニューなどへ登録する場合はこちら(「その他の質問」の1番)をご参考ください。
作成したデータはメニューバー「ファイル」→「開く」→『データファイルの読込』画面上部にある「データの場所」をクリックして、 データを保存している場所(フォルダ)を選択して開いてください。 「指定したパスがみつかりません」のエラーが表示された場合は、こちら(「保存に関する質問」の4番)をご確認ください。

●バックアップ先にCD−RなどCD系メディアはお勧めしません。
バックアップしたファイルに「読み取り専用」属性が付いてしまい、起動後終了ができなくなる場合があります。 CD系メディアに保存される方はこちら(「その他の質問」の7番)もご確認ください。

●支太郎のバージョンによっては、動作環境設定や作成したデータは「C:\ProgramData\OMSLIB\Chohyo」の「Chohyo」フォルダに 保存されています。

「Chohyo」フォルダの中にあるファイルの種類と内容
内    容 三森支太郎  三森支太郎2  三森支太郎3   「設定データのバックアップ」で
  バックアップされるもの 
 プログラム本体 ・ Chohyo.exe ・ Sitaro2.exe ・ Sitaro3.exe ×
 自社情報、動作環境設定
  品名単位リストなどの情報
・ Chohyo.ini ・ Sitaro2.ini ・ Sitaro3.ini
 ヘルプファイル ・ Chohyo.hlp
  (Chohyo.chm)
・ Sitaro2.hlp
  (Sitaro2.chm)
・ Sitaro3.chm ×
 説明文書 ・ Chohyo.txt ・ Sitaro2.txt ・ Sitaro3.txt ×
 雛形登録内容(※) ・ Template.dat ・ Template2.dat
 新規作成時の雛形(※) ・ NewBase.dat ・ NewBase2.dat
 会社ロゴファイル(※) ・ CorpLogo.bmp
 会社印ファイル(※) ・ CorpSeal.bmp
 個人の印鑑ファイル(※)
  (○○は任意の名字)
・ Seal○○.bmp
 得意先登録内容(※) ・ 得意先.idx
     〃   (※) ・ 得意先.dat
 データ検索用ファイル(※)
  (??は任意の数字)
・ Index??.dat ・ Index??.dat ・ Index??.dat
 Win XP風 表示形式プログラム   ---------- ・ Sitaro2.exe.manifes   ---------- ----------
 作成したデータファイル(※)
  (○は数字)
・ SAVE○○○.DAT ・ SAVE2○○○.DAT ・ SAVE3○○○.DAT ×
基本的に「Chohyo」内→「DATA○○」フォルダの中にあります。
(※のファイルは使用状況により存在しません。)

※黄色枠は同名のデータなため、ナンバーが異なるソフト(例:三森支太郎と三森支太郎2)のバックアップを同じフォルダへ行った場合、 上書きされてしまいますのでご注意ください。

【関連質問】
1-5.新しいパソコンで使用したいのですが、データなどはどうやって移動させたらよいのですか?
2-21.明細書に「見本」の文字が印刷されるようになりました。どうすれば消えますか?
4-4.「指定したパスがみつかりません」とのエラーが表示され、保存したデータを開くことができません。作成したデータの保存もできません。
4-12.作成したデータはどこに保存されていますか?
6-7.「設定ファイルに書き込みできません」(または「Chohyo.ini(Sitaro2.ini、Sitaro3.ini)に書き込めません」)とエラー表示され、 起動(終了)できません。どうすればいいのでしょうか?

5. マウスカーソルに?が付いたり付かなかったりするのですが、異常でしょうか?
異常ではありません。
マウスを項目に置き、暫くするとヒントが表示される所ではマウスカーソルに?が付く様になっています。

6. インストール後【名称】【制作者名】【動作環境】といったものが記載された「メモ帳」が開くのですが、なぜですか? また、この状態からどうすればソフトを起動できるのですか?
インストール後に開かれるメモ帳には動作環境などソフトを使用するにあたっての注記などが記載されていますので、ご使用前に一度はご確認ください。
(次回からは開きません)
三森支太郎はスタートメニューに登録されたショートカットやデスクトップに作成されたショートカットから起動させてください。

【関連質問】
6-1.スタートメニューへ登録するにはどうすればいいのですか?

7. 「設定ファイルに書き込みできません」(または「Chohyo.ini(Sitaro2.ini、Sitaro3.ini)に書き込めません」)とエラー表示され、起動(終了)できません。 どうすればいいのでしょうか?
設定ファイル(「Sitaro3.ini」など)に「読み取り専用」の属性が付いている場合表示されますので、この属性を解除してください。

バックアップデータをCD−RなどCD系のメディアに保存すると、ファイルに「読み取り専用」の属性が付いてしまいます。
三森支太郎は起動・終了毎に「Chohyo.ini」(三森支太郎2の場合は「Sitaro2.ini」三森支太郎3の場合は「Sitaro3.ini」)に情報の書き込みを行うため、 「読み取り専用」属性が付いていると、情報の上書きが出来ず、起動や終了ができなくなります。
そこでファイルに付いた「読み取り専用」属性を解除させてください。
(下記は「Chohyo.ini」を例とした手順になります)
  1. エクスプローラー画面を開き、「Chohyo」フォルダのある場所を探してクリックする。
     エクスプローラ画面は、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→エクスプローラからか、
     キーボードの左下あたりにある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押して
     エクスプローラ画面を開いてください。
     そして「C:\Program Files\omslib\Chohyo」の場所であれば、そこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」→「Program Files」→
     「omslib(OMSLIB)」→「Chohyo」のように開いていきます。
  2. 「Chohyo」フォルダ内にある「Chohyo.ini」をクリックで選択し、カーソルをのせたまま右クリックする。
  3. 表示された画面の下部にある「プロパティ」をクリックし、『Chohyo.iniのプロパティ』画面を表示させる。
  4. 全般の画面下部にある、属性の「読み取り専用」をクリックして、チェックマークを外す。
  5. 「OK」ボタンをクリックして画面を閉じる。
以上で「読み取り専用」属性が解除されます。こちらを「Chohyo」フォルダ内の全てのファイルに行ってください。
(フォルダ内のファイルについてはこちら(「その他の質問」の4番のまとめ表)をご参照ください)
なおCD−RなどCD系のメディアにバックアップしたデータの場合は、CD−Rなどからパソコンにデータをコピーしてから行ってください。
CD−Rに保存されたファイルを直接変更することはできません。

ファイルの場所がわからない場合は、こちら(「よくある質問」の3番・検索方法)を参考に検索してみてください。
(三森支太郎の場合は「Chohyo.ini」、三森支太郎2の場合は「Sitaro2.ini」、三森支太郎3の場合は「Sitaro3.ini」になります)

また、作成したデータに「読み取り専用」属性が付いてしまうと当然上書きができず、「ファイルへのアクセスが拒否」されてしまいます。
その場合にも、上記の方法で「読み込み属性」を解除させて下さい。

◆作成されたデータの名前
三森支太郎  : 「SAVE001.DAT」などが作成データ、  「INDEX.DAT」がインデックスデータ
三森支太郎2 : 「SAVE2001.DAT」などが作成データ、 「INDEX2.DAT」がインデックスデータ
三森支太郎3 : 「SAVE3001.DAT」などが作成データ、 「INDEX3.DAT」がインデックスデータ

8. データをネットワークで共有することはできますか?
ネットワークには対応していないため、データを共有することはできません。

ただソフトから共有の設定を行うことはできませんが、ご使用のパソコンでネットワークドライブの割り当てを行っていただければ、 別のパソコンのデータを読込、編集することができますので、そちらを試してみてください。
方法についてはグーグルなど検索サイトで「ネットワークドライブの割り当て windows7」などで検索してみてください。

9. キーコードの送信をメールで送れません。
Yahoo!の「Yahoo!メール」や、Googleの「Gmail」などウェブメール(フリーメール)(*1)をご使用の場合や、 パソコンのメール設定が正しく行われていない場合は、メールでキーコードを送信することができませんのでお気をつけください。
後者の場合は、メールの設定をもう一度確認してみてください。(メールの設定方法などについて弊社では回答できませんのでご了承ください)

(*1)ウェブメールとは、Internet Exploreなどのウェブブラウザ上で送受信のやりとりをするメールで、 Outlook Express やWindows Liveメール などのメール用ソフトを使用しません。

キーコードの送信はFAXでも受け付けておりますのでメールが使用できない場合は、メニューバー「ヘルプ」→「キーコードを送信」→ 「注文書をFAX送信」からキーコードの送信情報(注文書)をプリントアウトし、弊社までFAX送信して下さい。

◆キーコードの送信メールは、パソコンの「既定の設定」で設定されているメールソフトを起動させます。
そのため、普段使用しているソフトとは違うメールソフトが起動されることがありますので、お気をつけください。
(ご使用のパソコンの設定によるため、三森支太郎シリーズから起動させるメールソフトを指定したりすることはできませんので、ご了承ください)

※Netscape Messengerを使用されている場合、ネットスケープのバージョンによってはメールが文字化けをおこすようです。
その場合もFAXでご連絡ください。

10. 明細行は200行とあるのに内容入力画面には15行しかありません。残りの行はどこにあるのですか?
内容入力画面右端にあるスクロールバーを下げる(または下向きの三角ボタンをクリックする)と残りの明細行が表示されます。
また、内容入力画面に15行しか表示されていないのは、拡張オプションの設定によりますので、こちらを変更したい場合は、
  1. メニューバー「ツール」→「拡張オプション設定」→『拡張オプション設定』画面→「拡張オプション」の画面右側にある 『表示する明細行数』の「下向きの三角ボタン」をクリックして、表示する明細行数を選択する。
  2. 「記憶」ボタンをクリック後、ソフトを再起動する。
以上で、設定した行数が画面に表示されるようになります。
尚、ご使用のパソコンの画面解像度により、設定した行数が画面表示されなかったり、最下部にある前回請求額・入金額入力欄や 今回請求額などの欄が表示されない場合がありますので、ご注意ください。

また、明細行が200行あるのは、三森支太郎2と三森支太郎3で、三森支太郎では20行のみになります。
(三森支太郎の場合、B5縦用紙を選択していると使用できる行は15行までになります)

【関連質問】
2-1.B5の用紙に印刷したいのですが、単位を入れることができません。

11. アイコン(内容入力画面の見積書印刷アイコンなど)がアイコンのように カラーで大きく表示されません。どうすれば大きいアイコンになりますか?
拡張オプションの設定を変更してください。
  1. メニューバー「ツール」→「拡張オプション設定」→『拡張オプション設定』画面→「拡張オプション」の画面左側にある 『大きいサイズのアイコンを使用』をクリックして、チェックマークを入れる。
  2. 「記憶」ボタンをクリック後、ソフトを再起動する。
以上で、大きいサイズのアイコンアイコンで表示されるようになります。

12. ソフトをアンインストール(削除)するにはどうすればよいのですか?
ご使用のソフトのナンバーやバージョンによって手順が異なります。

---------------------------
 ■ 三森支太郎3の場合
---------------------------
コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」等からアンインストール(削除)してください。

【Win XPの場合】
スタートボタン→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」→「プログラムの追加と削除」画面から 「見積・納品・請求書作成ソフト三森支太郎3Ver○○○」(○にはバージョンの数字がはいります)を選択し、削除ボタンをクリックする。
アンインストール後も「Chohyo」フォルダは残っているので、完全に削除させたい場合は「Chohyo」フォルダを直接削除してください。
インストール(解凍)先を初期設定の場所のままで行っている場合は「C:\Program Files\omslib\Chohyo」に「Chohyo」フォルダはあります。
「OMSLIB(omslib)」フォルダ内に「Chohyo」フォルダしか存在しない場合は、「OMSLIB(omslib)」フォルダごと削除して構いません。

【Win Vista、 7の場合】
スタートボタン→「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「プログラムのアンインストールまたは変更」画面から 「見積・納品・請求書作成ソフト三森支太郎3Ver○○○」(○にはバージョンの数字がはいります)を選択し、「アンインストール」ボタンをクリックする。
アンインストール後も「Chohyo」フォルダは残っているので、完全に削除させたい場合は「Chohyo」フォルダを直接削除してください。
インストール(解凍)先を初期設定の場所のままで行っている場合は「C:\Program Files\omslib\Chohyo」に「Chohyo」フォルダはあります。
「OMSLIB(omslib)」フォルダ内に「Chohyo」フォルダしか存在しない場合は、「OMSLIB(omslib)」フォルダごと削除して構いません。
(64ビット版をご使用の場合は「C:\Program Files(x86)\omslib\Chohyo」になります)

また、Vistaや7の場合、初期設定の場所「C:\Program Files\omslib\Chohyo」にソフトをインストール(解凍)されていると 「C:\ProgramData\OMSLIB\Chohyo」にもフォルダが作成されていますので、ここの「Chohyo」フォルダも削除してください。
(パソコンの設定によっては「ProgramData」フォルダは表示されていない場合があります。パソコンのフォルダオプションの設定を変更してみてください。)
(Vistaや7をご使用の場合にはこちら(「4.保存に関する質問」の12番)もご参考ください)

※フォルダの場所は、エクスプローラ画面から開いてください。
 「C:\Program Files\omslib\Chohyo」であれば、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→エクスプローラからか、キーボードの
 左下あたりにある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押して
 エクスプローラ画面を開いてください。
 そしてそこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」→「Program Files」→「omslib(OMSLIB)」→「Chohyo」のように開いていきます。

【Win 8.1以降の場合】
1.「デスクトップ」画面を表示させ、マウスカーソルを左下の角に置き右クリックする。
 またはキーボードの左下にある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 X 」キーを押す。
2.表示されたメニューから「プログラムと機能」をクリックし「プログラムのアンインストールまたは変更」画面を表示させる。
3.「見積・納品・請求書作成ソフト三森支太郎3Ver○○○」(○にはバージョンの数字がはいります)を選択し、「アンインストールと変更」または「アンインストール」ボタンをクリックする。

アンインストール後も「Chohyo」フォルダが残っている場合があるので、完全に削除させたい場合は「Chohyo」フォルダを直接削除してください。
インストール(解凍)先を初期設定のままで行っている場合は「C:\Program Files\omslib\Chohyo」に「Chohyo」フォルダはあります。
「OMSLIB(omslib)」フォルダ内に「Chohyo」フォルダしか存在しない場合は、「OMSLIB(omslib)」フォルダごと削除して構いません。
(64ビット版をご使用の場合は「C:\Program Files(x86)\omslib\Chohyo」になります)

また、初期設定の場所にソフトをインストール(解凍)していると「C:\ProgramData\OMSLIB\Chohyo」にもフォルダが 作成されていますので、こちらの「Chohyo」フォルダも直接削除してください。
パソコンの設定によっては「ProgramData」フォルダは表示されていない場合があります。
パソコンのフォルダオプションの設定(Win10の場合は「エクスプローラーのオプション」)を変更してみてください。 または「ProgramData」フォルダの場所を検索し、検索画面のファイルを選択後右クリックして「ファイルの場所を開く」から開いてみてください。
(データの検索方法は「「よくある質問」の3番・検索方法」をご参考ください。)

※フォルダの場所は、エクスプローラ画面から開いてください。
 「C:\Program Files\omslib\Chohyo」であれば、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→エクスプローラからか、キーボードの
 左下あたりにある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押して
 エクスプローラ画面を開いてください。
 そしてそこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」→「Program Files」→「omslib(OMSLIB)」→「Chohyo」のように開いていきます。

-------------------------------------
 ■ 三森支太郎、三森支太郎2の場合
-------------------------------------
★三森支太郎Ver7.10以降の場合★

コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」等からアンインストール(削除)してください。

【Win XPの場合】
スタートボタン→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」→「プログラムの追加と削除」画面から 「オーエムエス・見積・納品・請求書作成三森支太郎」を選択し、削除ボタンをクリックする。
アンインストール後も「Chohyo」フォルダは残っているので、完全に削除させたい場合は「Chohyo」フォルダを直接削除してください。
インストール(解凍)先を初期設定の場所のままで行っている場合は「C:\Program Files\omslib\Chohyo」に「Chohyo」フォルダはあります。
「OMSLIB(omslib)」フォルダ内に「Chohyo」フォルダしか存在しない場合は、「OMSLIB(omslib)」フォルダごと削除して構いません。

【Win Vista、 7の場合】
スタートボタン→「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「プログラムのアンインストールまたは変更」画面から 「オーエムエス・見積・納品・請求書作成三森支太郎」を選択し、「アンインストール」ボタンをクリックする。
アンインストール後も「Chohyo」フォルダは残っているので、完全に削除させたい場合は「Chohyo」フォルダを直接削除してください。
インストール(解凍)先を初期設定の場所のままで行っている場合は「C:\Program Files\omslib\Chohyo」に「Chohyo」フォルダはあります。
「OMSLIB(omslib)」フォルダ内に「Chohyo」フォルダしか存在しない場合は、「OMSLIB(omslib)」フォルダごと削除して構いません。
(64ビット版をご使用の場合は「C:\Program Files(x86)\omslib\Chohyo」になります)

また、Vistaや7の場合、初期設定の場所「C:\Program Files\omslib\Chohyo」にソフトをインストール(解凍)されていると 「C:\ProgramData\OMSLIB\Chohyo」にもフォルダが作成されていますので、ここの「Chohyo」フォルダも削除してください。
(パソコンの設定によっては「ProgramData」フォルダは表示されていない場合があります。パソコンのフォルダオプションの設定を変更してみてください。)
(Vistaや7をご使用の場合にはこちら(「4.保存に関する質問」の12番)もご参考ください)

【Win 8.1以降の場合】
1.「デスクトップ」画面を表示させ、マウスカーソルを左下の角に置き右クリックする。
 またはキーボードの左下にある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 X 」キーを押す。
2.表示されたメニューから「プログラムと機能」をクリックし「プログラムのアンインストールまたは変更」画面を表示させる。
3.「見積・納品・請求書作成ソフト三森支太郎3Ver○○○」(○にはバージョンの数字がはいります)を選択し、「アンインストールと変更」または「アンインストール」ボタンをクリックする。

アンインストール後も「Chohyo」フォルダは残っている場合があるので、完全に削除させたい場合は「Chohyo」フォルダを直接削除してください。
インストール(解凍)先を初期設定のままで行っている場合は「C:\Program Files\omslib\Chohyo」に「Chohyo」フォルダはあります。
「OMSLIB(omslib)」フォルダ内に「Chohyo」フォルダしか存在しない場合は、「OMSLIB(omslib)」フォルダごと削除して構いません。
(64ビット版をご使用の場合は「C:\Program Files(x86)\omslib\Chohyo」になります)

また、初期設定の場所にソフトをインストール(解凍)していると「C:\ProgramData\OMSLIB\Chohyo」にもフォルダが 作成されていますので、こちらの「Chohyo」フォルダも直接削除してください。
パソコンの設定によっては「ProgramData」フォルダは表示されていない場合があります。
パソコンのフォルダオプションの設定(Win10の場合は「エクスプローラーのオプション」)を変更してみてください。 または「ProgramData」フォルダの場所を検索し、検索画面のファイルを選択後右クリックして「ファイルの場所を開く」から開いてみてください。
(データの検索方法は「「よくある質問」の3番・検索方法」をご参考ください。)

※フォルダの場所は、エクスプローラ画面から開いてください。
 「C:\Program Files\omslib\Chohyo」であれば、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→エクスプローラからか、キーボードの
 左下あたりにある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押して
 エクスプローラ画面を開いてください。
 そしてそこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」→「Program Files」→「omslib(OMSLIB)」→「Chohyo」のように開いていきます。

★三森支太郎Ver7.00以前、三森支太郎2の場合★

直接「Chohyo」フォルダとスタートメニューに登録されたショートカットを削除してください。
(「プログラムの追加と削除」からは削除できません)

●「Chohyo」フォルダはソフトのインストール(解凍)先を初期状態のまま変更させずに行われているのであれば、
「C:Program Files\OMSLIB\Chohyo」にありますので、エクスプローラ画面などから開いて削除してください。
(64ビット版をご使用の場合は「C:\Program Files(x86)\omslib\Chohyo」になります)

インストール(解凍)先が「C:\Program Files\omslib\Chohyo」であれば、スタートボタンにマウスカーソルを置き右クリック→ エクスプローラからか、キーボードの左下あたりにある「ウィンドウズ」キー(ロゴ新ロゴ などウィンドウズのロゴマークが印字されたキー)を押しながら「 E 」キーを押してエクスプローラ画面を開いてください。
そしてそこから(「マイコンピューター」または「PC」→)「C:」→「Program Files」→「omslib(OMSLIB)」→「Chohyo」のように開いていきます。

「Chohyo」フォルダをクリックして選択後、カーソルをのせた状態で右クリックし、表示されたショートカットから「削除」を選択してください。
「OMSLIB(omslib)」フォルダ内に「Chohyo」フォルダしか存在しない場合は、「OMSLIB(omslib)」フォルダごと削除して構いません。

また、Vistaや7の場合、初期設定の場所「C:\Program Files\omslib\Chohyo」にソフトをインストール(解凍)されていると 「C:\ProgramData\OMSLIB\Chohyo」にもフォルダが作成されていますので、ここの「Chohyo」フォルダも削除してください。
(パソコンの設定によっては「ProgramData」フォルダは表示されていない場合があります。パソコンのフォルダオプションの設定を変更してみてください。)
(Vistaや7をご使用の場合にはこちら(「4.保存に関する質問」の12番)もご参考ください)

ソフトのインストール先がわからない場合には、こちらの検索方法を参考に検索してみてください。

●スタートメニューに登録したショートカットを削除する場合は、スタートメニューで削除するソフト名にマウスカーソルをのせたまま右クリックし、 表示された画面から「削除」または「[スタート] メニューからアイコンを削除」をクリックして削除してください。
(ソフト本体は削除されませんので、ソフトの削除は別に行ってください)

作成したデータをマイドキュメントなどに保存している場合にはそちらも削除してください。
(Vistaや7をご使用の場合にはこちら(「4.保存に関する質問」の12番)もご参考ください)

【関連質問】
1-3.最新バージョンへバージョンアップ(更新)するにはどうすれば良いですか?また、以前のバージョンでの設定内容や作成したデータは使用できますか?
1-5.新しいパソコンで使用したいのですが、データなどはどうやって移動させたらよいのですか?
4-12.作成したデータはどこに保存されていますか?

13. ウイルス対策ソフトに三森支太郎シリーズが「トロイの木馬」(ウイルス)として検知されてしまいます。大丈夫なのですか?
現在のところ問題はありません。

インストール時の自己解凍型圧縮ファイルの作成方法が変更され、インストール時に使用されるようになった 「SetupErase.exe」または「InstErase.exe」ファイルが一部のウイルス対策ソフトで「トロイの木馬」として検知されてしまうようです。
上記のファイルをウイルス対策ソフトが「トロイの木馬」(ウイルス)として指定する限り検知されてしまいますので、なにとぞご了承ください。

★ 2016年6月現在、「Avira Antivir」、「KINGSOFT Internet Security」、「ノートン」製品、「AVAST」で検知されるようです。

検知されることによりインストールができない場合は、ウイルス対策ソフトの設定を「無効」にしてからダウンロードやインストールを行ってみてください。
そしてインストール時に使用した「SetupErase.exe」または「InstErase.exe」ファイルがあるかぎり、ウイルスとして検知され続けますので、 インストール後は上記ファイルを削除してください。
ファイルは「SetupErase.exe」か「InstErase.exe」のどちらか一種類だけがあります。両方はありません。
(同じフォルダ内に「SetupErase.ini」か「InstErase.ini」もありますのでこちらも一緒に削除して構いません)

ファイルは基本的に「Chohyo.exe」や「Sitaro3.exe」と同じフォルダにあります。 インストール先を初期状態のままインストールされている場合、「C:\Program Files\omslib\Chohyo」の場所にあります。 (64ビット版をご使用の場合は「C:\Program Files(x86)\omslib\Chohyo」になります)
ファイルが見つからない場合は、こちらの検索方法を参考に検索してみてください。

また、バージョンアップ時にソフトをダウンロードしてバージョンアップを行う場合は再度上記ファイルがインストールされますので、 お気をつけください。メニューバー「ヘルプ」→「最新バージョンかチェック」からバージョンアップを行った場合は問題ありません。

【関連質問】
1-3.最新バージョンへバージョンアップ(更新)するにはどうすれば良いですか?また、以前のバージョンでの設定内容や作成したデータは使用できますか?




←【よくある質問トップ5・印刷・編集に関する質問編】のページへ戻る

← 【ソフト紹介のページ】へ 【よくある質問】目次へ →